品質評価技術研修のご案内[第3回](ものづくり人材技術力強化事業)《終了しました》

2019年11月15日
昨今、近年の少子高齢化に伴う人材不足問題が話題となる中で、道内製造業でも製品品質を保つために、外国労働者の採用やロボットや新型測定機の導入などに取り組む企業が増えてきました。そのような中で、これまで保有している製造ノウハウを、いかに保持・継承していくか、悩まれている企業の話も多く聞かれます。昨年度の品質評価技術研修では、技術・技能伝承をテーマに実施いたしました。
今年度もその重要性を鑑み、再度、技術・技能伝承のための講演及び作業分析の演習を実施いたします。加えて、工業試験場に年内に導入予定の新型3次元座標測定機の紹介を行います。
※2019年9月開催[第1回][第2回]に続く[第3回]の研修です。
●日時 2019年12月12日(木) 13:00~16:00
●参加対象者
製造企業経営者、工場長、生産・検査技術部門リーダーなど。または技能伝承に興味のある方。
●募集人数 20名(原則1社2名までの先着順。ただし、申込状況により増員可能)
●開催場所 工業試験場(札幌市)
●内容・講師
「マルチセンサ測定機」の紹介 ※測定デモを予定します
インダストリアルクオリティソリューションズ アプリケーションスペシャリスト 福原 明彦氏、および工業試験場担当者(神生、三戸)
●お問い合わせ
地方独立行政法人 北海道立総合研究機構 工業試験場 製品技術部 神生(かみお)まで
〒060-0819 北海道札幌市北区北19条西11丁目
TEL:011-747-2379(ダイヤルイン) FAX:011-726-4057(総務課FAX)
E-mail: kamio-naotoshi@hro.or.jp URL:http://www.hro.or.jp/iri.html