AIプログラミング実践研修(ものづくり人材技術力)の中止について

2020年2月14日
2月27日開催予定の標記研修会については、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、中止が決定しましたので、お知らせします。

AI技術の進歩により、これまで困難であった課題の解決や様々な作業の自動化が可能となっていますが、新技術の導入には時間とコストがかかるため多くの企業では活用が進められていないのが現状です。道総研工業試験場では、AIの活用や開発に必須となる知識や技術を座学と演習を通して学び、今後のAI活用による課題解決につなげることを目的としております。たくさんの皆様のご参加をお待ちしております!
●日時
令和2年2月27日(木)13:00~17:00
●会場
(地独)北海道立総合研究機構工業試験場1階研修室(札幌市北区北19条西11丁目)
●内容
・AIの基礎理論
様々なAIに共通する理論を学ぶ
・AI開発環境の構築
プログラミング言語PythonとAIパッケージを準備する
・深層学習による手書き数字画像認識プログラム
画像内の物体検出 自然言語処理
・深層学習による物体検出および事例紹介
AIを活用した応用事例について紹介する
●講師 北海道立総合研究機構工業試験場 研究主任 近藤正一/研究職員 全慶樹
●対象 道内ものづくり企業、IT企業、他
●定員 15名程度
●受講無料
●申込方法
FAXまたはメールでお申し込みください。
申込書(チラシPDF)をご確認ください。
●申込締切 令和2年2月21日(金)
●お問合せ先
地方独立行政法人北海道立総合研究機構
産業技術研究本部ものづくり支援センター(担当:中村)
〒060-0819 札幌市北区北19条西11丁目
電話:011-747-2324(直通)/FAX:011-726-4057
E-mail:kaihatsu@hro.or.jp